心の不調に気づいたら|うつの診断を受けてみよう

心の違和感精神科ですぐに診察
カウンセリング

家族が一緒に受診

精神科や心療内科で医師の診察を受けて、必要なら検査を行うというのは内科などと同じです。医師はそれらの結果をもとに総合的に判断して、うつ病かどうかの診断をつけます。様々な情報が必要となるため、家族も共に受診することが大事です。

もっと見る

医者

打たれ強さにも限度がある

自分がうつかどうかを知るには、診断が有効です。ネットと病院での診断を併用することで、精神状態の理解の信憑性が強まります。病院でうつと断定するに至らなかった場合でも、治療は行ってくれるので、苦しさを感じたら病院へ行きましょう。

もっと見る

誤診されないようにする

男の人

双極性障害の症状

うつ病は同じ名前であってもその症状が違うものがあり、治療の仕方も変わってきます。しかし診断によっては誤診されてしまうものもあり、医師に症状を伝える際はどのような症状が出てくるのかをしっかり伝えなければなりません。本来多くの人に知られているうつ病というものは、抑うつ病という名前の病気です。気落ちし、自尊心が低くなり、常にため息を吐きながら自分は何のために生きているのかわからなくなり、マイナスな考えばかりしてしまいます。その症状を医師に伝えれば、医師はうつ病と診断します。しかしもうつ病には他にも種類があり、よく誤診されるのが双極性障害という病気です。双極性障害とは、別名「躁うつ病」と呼ばれる病気で、抑うつ病の症状ともう1つ、躁の状態があらわれます。高揚な状態となり興奮が収まらず、落ち着かないようになります。しかし途端に自尊心が低くなり、落ち込んだ状態となります。この2つの病気が医師の診断が間違いを引き起こしやすく、双極性障害にかかっているにもかかわらずうつ病と診断されることがよくあるといわれています。その理由は、躁の状態を病気び症状だと感じる人が少ないためです。高揚な状態があらわれることで、症状が少し良くなっているのではないかと誤解する人もいれば、それを病気の症状だとまったく感じずにいる人もいます。そのため落ち込んでマイナスな気持ちがあらわれる状態だけ医師に伝えてしまい、躁の症状を伝えずにいることで誤った診断をされてしまいます。うつ病と双極性障害は治療法も違いますし、処方される薬の種類も変わっていきます。もし抑うつ病だと診断されたはずが、なかなか治る気配を感じられないとすれば誤診の可能性があるといいます。自分自身や周囲の人も、落ち込んだ状態以外に、あまりに高揚な状態が診られる場合は双極性障害を疑っても良いかもしれません。そしてその状態はしっかりと医師に伝えなければ、医師も判断できない場合が多々あるため、日常に起こる症状を細かく伝えることが重要です。ちゃんと治す目的で病院に来ているはずが、誤診で症状が治らずに日時が過ぎてしまえば本末転倒です。処方される薬も人によっては副作用が表れてしまうこともあります。その病気に合わせた薬を正しく処方され治療することができるように、どのような症状があらわれているかを自分自身、又は家族など周囲が把握し病院で医師に伝えることです。しっかりと伝えられることが、早期の病気の発見と治療を行うことができるようになります。

女性

人気の主な理由

うつの診断が人気である理由として、どこでも手軽に受けることができ、自分のうつの症状や状況を細かく医師に伝えることができるという点などが挙げられます。早期発見、早期改善のためには周囲のサポートも大切になります。

もっと見る

病院

心の変化に早めに気付こう

うつ病の兆候は、自分自身で早めに気付き、早めに専門医に診てもらうことが一番です。診断が下りたらとにかくストレスを避けて、十分に休養を取ることが大切。正しいリズムで生活して、良い食事と良い睡眠とを心がけましょう。

もっと見る