心の不調に気づいたら|うつの診断を受けてみよう

ウーマン

家族が一緒に受診

カウンセリング

表情やしぐさから総合的に

精神科の診察で主に行われるのは患者の話を聞くことです。うつ病を含む精神疾患の診断のためには、患者の気分の状態やカラダの状態、考えなどに関して本人が話すことをまずは聞いていきます。加えて、本人の表情やしぐさ、カラダの診察所見などをもとに総合的に判断されます。そして、さらに検査をしたり、治療することになります。そのため、できるだけ素直に自分の状態を医師に伝えることが重要です。また、家族の協力も必要です。もちろん、初めて会った医師に自分のことを話すのは緊張します。医師の反応が気になってしまったり、不安になるかもしれません。もし、不安が生じたら、その不安感に関してもそのまま医師に伝えることが大事です。うまく伝えようとせずに、心配している、わからないことなどがあるなど浮かんできたことをそのまま伝えるだけでも問題ありません。初回の診察では、現在の状態だけでなく、今までの症状の経緯に関しても聞かれます。加えて、ほかの持病に関してや、生まれ育った環境や学歴、職歴など、さまざまな質問がされることが多いです。それは、本人のことをよりよく知るために必要な情報だからです。医師には守秘義務があり、診療で知り得た情報はむやみに他人に知らせることはないので、心配はいりません。精神科や心療内科では話をするだけではないかとイメージしている人もいますが、カラダの診察をすることもあります。胸の音を聞いたり、血圧を測るなど内科で行うような診察も、きちんとした診断のために行うのが一般的です。全身の状態を把握し、症状の原因を探るため、適切な治療を行うために必要なことだからです。そして、本人からだけでなく、家族の話から医師が情報を得ることもあります。特に子供や高齢者がうつを疑われる場合には、本人の話だけで診断するのは難しいこともあります。家族から見た状態の変化や受診までの経緯、家族との関係などに関して、家族からも医師にきちんと話すことが重要です。加えて、家族が不安に感じていることや、本人との接し方に関しても受診時に医師に相談すると、その後の治療にも良い影響を与えることが多くなっています。なぜなら、うつ病の治療では家族の果たす役割は大きく、家族が適切に対応し、療養しやすい環境をつくることができると、たとえうつ病だと診断を受けても本人も安心して治療に専念できるからです。初めて受診するときには、受診に対して本人の不安や葛藤が強いことが多いので、家族が一緒に病院に行くだけでも安心できます。