長い目で見るなら注文住宅に決まり|住みやすさに拘る

理想的な住まいが実現可能

ウーマン

安全性が第一です

住宅の購入を考える機会はそう多くはないです。出産や転勤等をきっかけに真剣に考える人が殆どです。長期の住宅ローンを組む事を考えると思い切った決断をする事が必要な場合もあります。住まいに求めるものは人それぞれですが、最近の自然災害の凄まじさから建物についての関心が以前にも増して高まっています。特に揺れに耐えられる地震に強い家である事が条件になっています。一般的に強度を増した壁の使用や柱や筋かいを増やす等の耐震構造を持つ家が地震に強い家とされていますが、その他にもいくつかの地震に強い家があります。制震構造を持つ家なら屋内にダンパーが設置され、振動を吸収してくれます。更に免震構造なら積層ゴムが地面と建物の間に設置されているので、揺れそのものを数分の1にしてくれます。これ等を基本として、ハウスメーカーや工務店では独自の工法による地震に強い家を建てる事に多くの時間と費用をかけています。最新の建築技術を使用した建物なら震度6の地震が起きたとしても倒壊する心配はないので、安心して暮らす事ができます。この様な地震に強い家に住むには新築の住宅を購入する事になります。家族のライフスタイルに応じた理想的な生活空間とするには注文住宅が適しています。自由設計のメリットを生かして思い通りの間取りやデザインにする事ができます。各ハウスメーカーや工務店では構造についての説明会等を頻繁に実施しています。積極的に参加すれば知識を蓄える事ができます。